スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩酸漏出 化学工場で8人やけど 千葉・市原(毎日新聞)

 15日午前9時50分ごろ、千葉県市原市五井南海岸にある化学工場「京葉モノマー」の社員から「従業員が漏れた塩酸をかぶった」と119番があった。市原市消防局によると、従業員の男性8人がやけどを負ってドクターヘリや救急車で病院に搬送され、うち1人が意識不明の重体、4人が重傷、3人が軽傷。同社によると、塩酸に熱を加える装置のボルトがゆるみ、塩酸が噴き出したという。

 工場は塩化ビニール樹脂の原料を製造するプラントを持ち、京葉工業地帯の中央部に位置している。

【関連ニュース】
<写真特集>塩酸が原因? 銀座線で異臭 乗客手当て
<塩酸が関係?>工場爆発 空から見た日本 事件・事故・災害
<写真特集>工場火災:横浜で化学工場が爆発
<写真特集>工場爆発:男性4人死亡 屋根吹き飛ぶ 大阪
防災ヘリ:緊急運航109回 昨年度、搬送は82人 /群馬

岳父の「上野」に改姓、「みんな」の比例候補に(読売新聞)
部門会議で政策提言=「政調」復活、組織案固まる―民主(時事通信)
<北教組不正献金>小林議員陣営元会計責任者に有罪判決(毎日新聞)
知人宅を「後援会事務所」=経費4200万円計上―「適切」と説明・荒井戦略相(時事通信)
西都・日向・宮崎の感染疑い牛と豚、すべて陽性(読売新聞)
スポンサーサイト

<鳩山首相>続投姿勢崩さず 三者協議は継続(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は1日夜、民主党の小沢一郎幹事長、輿石東参院議員会長と国会内で会談し、当面の政権運営について協議した。党側は(1)社民党の離脱で参院での法案審議が厳しい状況になっている(2)内閣支持率の低迷で参院選は苦戦が必至--との現状を伝えたが、首相は政権を引き続き担う意欲を改めて示したとみられる。ただ、今夏の参院選で改選を迎える議員を中心に、米軍普天間飛行場移設問題を巡る混乱などで首相の退陣を求める声は根強く、三者の協議を2日以降も継続することを確認した。

 ◇小沢氏沈黙 首相は親指立て

 三者会談は午後6時過ぎから30分余り行われた。部屋から最初に出てきたのは輿石氏で、報道陣に「コメントしない」。小沢氏も沈黙のまま国会内の幹事長室に入った。

 首相は約25分、部屋に残った。出てきた首相に報道陣が「首相、続投に変わりないですか」と問いかけると、首相はエレベーターに乗る直前、左手の親指を立てて、ニコリと笑いかけた。

 首相官邸に駆けつけた松野頼久官房副長官は「辞めませんよ」と一言。首相周辺は「協議の中で首相は続投すると意欲を示した。首相は全然辞める気はないですよ」と語る。

 会談終了後、平野博文官房長官は「引き続き意見交換する」。細野豪志副幹事長も「あす以降、継続して協議をするということで今日は別れた」と語った。

 首相は1日朝、首相公邸前で記者団に「(幹事長と)しっかりと協議、協力してこの国難に立ち向かってこうと。大事なことは、国民の暮らし。国民の暮らしのために、何がベストか。政策を大きく変えるために出発した新政権にふさわしい形で、これからも行動していきたい」と政権運営に改めて意欲を示した。

 国民新党代表の亀井静香金融・郵政改革担当相は小沢氏と午後、国会内で会談、「全力を挙げて鳩山政権を支える。参院選の選挙協力に全力を挙げてやる」と述べ、民主党内の首相退陣論をけん制。

 岡田克也外相も記者会見で「トップを替えれば済むというのは違う。民主党の歴史を見ると、トップを替えることで乗り切ろうという声が出がちだが、そういうのを国民は見ている」と述べるなど、閣僚からは続投を求める声が相次いだ。

 一方、選挙を控える参院民主からは1日も首相退陣論が相次いだ。高嶋良充参院幹事長は記者会見で「(改選組が)非常に苦労している部分について、できるだけ環境を改善できたらいい。表紙を替えたら、支持率は当面上がる可能性が高い」と述べ、首相の早期退陣を求めた。

 1日昼に国会内で開かれた民主党の参院常任役員会では、輿石氏が「一両日中に結論を出したい。皆さんの声は十分に承知しているから、あとはお任せいただきたい」と一任を求め、沈静化を図った。しかし、記者団から首相退陣を求めるかと聞かれた桜井充参院政審会長は「首相と直接話したい。それから結論を出したい」と強調、首相批判は収まらない状況だ。

 首相サイドは三者の協議を継続させる中で、続投への理解を求めたい意向だ。国民新党幹部も「政治は首相、選挙は小沢でまっしぐらにやっていく」と、事態収拾に期待感を示した。ただ、小沢氏は会談終了後、副幹事長に「(首相、輿石氏の)3人で情勢分析をした。あす以降もまた首相に会う」と語り、続投は確認していないことを示唆した。【中村篤志、鈴木直】

【関連ニュース】
口蹄疫:「なぜ今ごろ?」首相現地入りに批判
口蹄疫:鳩山首相が宮崎入り…農家らと懇談
偽装献金事件:政治資金報告書、鳩山首相が訂正
鳩山首相:重ねて続投に意欲…閣僚からは擁護論
鳩山首相:小沢氏と進退協議へ 参院で退陣論強まる

歩道橋事故 元明石署幹部らの実刑確定へ 最高裁上告棄却 (産経新聞)
首相・小沢氏らの会談まもなく(産経新聞)
<窃盗未遂容疑>非番の警察官宅に侵入…取り押さえられる(毎日新聞)
1人が支払い NHK受信料、強制執行申し立てで(産経新聞)
全交番・駐在所にAED設置=1200カ所「身近に安心を」―警視庁(時事通信)

辺野古区行政委、条件付きで容認決議(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、辺野古区行政委員会は21日、シュワブ沿岸部を埋め立てる現行計画について、騒音軽減のため滑走路を可能な限り沖合に出した上で、補償や活性化策の拡充を条件に容認すると決議した。ただ、沖縄は県内移設に反対意見が大勢。仲井真弘多知事も困難としており、局面の打開につながるか見通せない。

【関連記事】
普天間で冷淡対応 米国務長官滞在わずか3時間
辺野古明記に難色 首相、曖昧表記要求 普天間移設の日米合意文書
「杭打ち方式断念」報道を否定 普天間問題で松野官房副長官
小鳩コンビ「普天間&カネ」問題で“逃げの一手”決め込み
「首相発言」案 手続きより打開策決めよ
中国が優等生路線に?

里見香奈女流名人の妹・咲紀さん、無敗で予選切符…将棋マイナビ女子オープン(スポーツ報知)
「手には血…体の中に何かが入った」 刺された瞬間を証言 秋葉原殺傷事件(産経新聞)
派閥解消訴え新グループ=自民(時事通信)
結婚にまつわるイベントの、希望と実態(Business Media 誠)
警部補を条例違反で逮捕=女子高生にわいせつ行為―新潟県警(時事通信)

カメルーンから覚せい剤密輸図る=ドイツ人男逮捕―成田空港(時事通信)

 二重底にしたスーツケースに覚せい剤を隠し密輸しようとしたとして、東京税関成田支署と千葉県警成田国際空港署などは14日までに、関税法違反と覚せい剤取締法違反の容疑で、ドイツ人の自称貿易商クーノット・クラウス・ハンス・ハインリッヒ容疑者(78)=両罪で起訴=を逮捕した。同支署によると、カメルーンから同空港への薬物持ち込みは記録のある1995年以降初という。
 逮捕容疑は、カメルーンからインドなどを経由し4月24日に成田空港に到着した際、二つの袋に入れた覚せい剤約2.9キロ(末端価格約2億7000万円)を二重底にしたスーツケースに隠して持ち込もうとした疑い。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕違法薬物~密輸、栽培の実態~
JAYWALK中村被告に有罪=「覚せい剤依存明らか」
大麻所持でミュージシャン実刑=「YOU THE ROCK★」
取調室の机に覚せい剤隠す=10カ月後に発見、男を逮捕

感染症サーベイに「課題」―感染研・岡部センター長(医療介護CBニュース)
羽根が先勝=囲碁本因坊戦(時事通信)
感染拡大防止策を検討=口蹄疫で専門家委開催―農水省(時事通信)
<訃報>斎藤庸一さん87歳=詩人(毎日新聞)
振り込め詐欺「手渡し型」が横行 神奈川(産経新聞)

育毛剤 毎日新聞記者が体験…生える場所は選べず(毎日新聞)

 日本皮膚科学会が男性型脱毛症診療ガイドラインをまとめた。「あくまで医療者向け」と同学会は説明するが、育毛剤が数多く販売される中、「対象者」の関心は高い。どんな内容なのか、効果はあるのか。生え際の後退などが気になる記者(44歳)も、自ら体験してみた。【高野聡】

 推奨度Aとされたフィナステリド(商品名・プロペシア)。記者は昨年11月から服用を始めた。1箱(28錠入り)で1カ月分。効果確認に必要な6カ月の服用期間を迎え、頭頂部の写真を初診時と比べると、地肌が見えなくなる程度に頭髪が濃くなっていた。

 フィナステリドは医師の処方せんが必要で、保険外診療のため、処方にかかる費用はまちまち。大阪市内の六つの医療機関に問い合わせると、1箱で7200~1万500円。別に初診料などがかかる。「何もせずに毛が抜けるのを待ちますか」と営業トークをするクリニックもあった。

 結局、選んだのは自宅近くの皮膚科医院。医師は「効果、安全性の高い薬ですが、医者から『どうしても』と勧めるような薬じゃありませんから」と、費用は薬代7200円のみ。「患者サービス」の認識だという。

 幸い記者には効果があったが、肝心の生え際は変化なし。場所は選べないようだ。また、服用をやめれば効果はなくなる。財布との相談は当分続きそうだ。

 ◇学会指針 推奨度Aに2商品

 「ガイドライン策定の経緯は三つある。育毛を掲げたヘアサロンの行き過ぎた行為、発毛に関する誇大な広告、人工毛植毛によるトラブル。医療者向けにまずエビデンス(医学的根拠)を提供したいと考えた」。4月17日、大阪市で開かれた同学会総会。ガイドライン策定委員長の坪井良治・東京医大教授は医師を前にそう説明した。

 男性型脱毛症は、額や頭頂部の髪が思春期以降に薄くなる症状だ。策定委の板見智・大阪大大学院教授の推計では、国内の対象者は約1260万人。更年期以後の女性にも多く表れる。

 検討材料としたのは、国内外で発表された150編以上の論文。10人の委員が、研究の規模や手法に応じて重要度を検証し、10の成分や施術の推奨度をA、B、C1、C2、Dの5段階に分けた。板見教授は「対象とした成分や施術は科学的な検証材料があった。むしろこれに該当しなかった育毛剤や育毛サロンなどは科学的な根拠がないということ」と話す。

 推奨度Aのミノキシジル(商品名・リアップ)とフィナステリドは、男性型脱毛症の医薬品として認可されている。策定委も「発毛効果に関する良質な根拠がある」と結論付けた。

 このほか、C1の成分群は、発毛の有効性が高いとする試験結果はあるが、論文数が少ないことがマイナス材料となった。自毛植毛は世界での実施例の多さからB。人工毛植毛は、炎症など有害な事例が報告され、Dとの結論になったという。

 一方、低い推奨度を付けられた会社は反発する。C2とされたセファランチンが主成分の外用育毛剤を販売する化研生薬(東京都)は「臨床データがないのは事実だが、動物実験で効果は出ている」。また、人工毛を製造販売する大手業者の社長は「炎症を防ぐため、頭皮を清潔にするよう注意を呼び掛けている。長年の利用者もおり、支持されている」と反論している。

【関連ニュース】
◇関連記事◇脱毛症:育毛成分など対症法5段階評価…学会が診療指針
「FUJIWARA」の原西孝幸さんが育毛発表会に参加(09年5月)
北陸の中小企業が繭からヘアケア用品 「毛が2割ほど太くなる」
今週の本棚:『禿頭礼讃』=フィリップ・エリアキム著(富山太佳夫・評)
◇女性だって深刻◇40代の薄毛 仕事ストレス、ダイエット影響…規則的な生活を

ハローワークで爆発物騒ぎ=電話に続き、男が包み置く―長野(時事通信)
【静かな有事】第4部 少子化を止めろ(5)危機感が世論を生み出す(産経新聞)
<祭礼行列>馬暴れ、6人重軽傷 電車の警笛に驚く? 大津(毎日新聞)
両陛下、学童保育を訪問(時事通信)
あたご乗組員、包丁所持で逮捕=コンビニ強盗に関与か-京都府警(時事通信)
プロフィール

つかごしかずひこ

Author:つかごしかずひこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。